カウンセリングで自分の気持ちが大切にできるようになった

カウンセリングの効果

カウンセリングを受け始めた頃は、
自分を否定ばかりしていたんです。
私なんて、どうせという感情が絶えずあったのです。

カウンセリングで自分の気持ちが大切にできるようになったのは、
かなりの回数を重ねてからです。

否定ばかりし続け、
ネガティブな私を大きな愛で包み込んでくれるカウンセリングです。

考え方一つ、気持ち一つでこんなにポジティブにかわるのだと、
学んだものの、実践がなかなか困難です。
頭では理解していても、身体も心も言葉も伴わないのです。

自分を肯定すること、自分に甘くなること、
自分の気持ちをきちんと持つこと、
そんな当たり前のことを、当たり前にするということが難しかったのです。

これは、カウンセリングを受けるような方なら、
心当たりがあったり、共感してもらえる部分であり、
その部分をカウンセリングを受けることによって、変化していくのです。

効果はゆっくり出てくる

急に変化が訪れたり、
いきなり気持ちの切り替えが出来るわけではないのです。
どんな病気であっても、
時間というものが必要です。

ゆったりとおちついた気持ちでいること、
焦らずのんびりと構えること、
そして一番大切なことは、他人と比べないことです。

つい自分のものさしで、他人と測ってしまいがちですが、
十人十色、みんな違うのが当たり前なのです。

こんな風に気持ちがナーバスになり、
心が弱っていても、私は私、私だけの良さがあります。
そのことに気づき、受け入れ、
自信が持てるように、ゆっくりと促してくれたのです。

そして長い年月をかけ、
今ようやくカウンセリングで自分の気持ちが大切にできるようになったのです。

少し前の私なら、想像すら出来なかったことです。

でもいまは、この幸せ、感動をひとりでも多くの方に伝えたい、
届けたいそんな思いでいっぱいです。

カウンセリングで自分の気持ちが大切に出来るようになったことで、
自分に自信をもち、未来が明るく見えたのです。

暗い闇から、やっと明るい外の世界へ飛び出ると、
夢や希望で満ち溢れていたのです。