カウンセリングによって嫁姑間の問題を解決出来ました

原因は姑?

結婚して8年になる主婦です。
結婚してすぐに、姑から「跡継ぎを早く、跡継ぎを早く」
とせかされて辛い思いをしました。

実は、結婚後4年経っても子供ができなくて、
私自身がとても寂しい思いをしていたので姑にせかされるのが本当に苦痛でした。

そんなこともあって、
我が家は嫁姑の関係は最悪でした。

普通の会話をするのも嫌で、
姑が話しかけてきても聞こえないふりをしているときもあったのです。

子供が生まれても、
なんとなく姑には触らせたくないような気持ちがあって、
それとなく姑を避けていました。

そのうちに私の気持ちに夫が気が付いてきて、
時々姑が原因で夫とけんかになることもありました。

カウンセリングに

こういう気持ちを持つ自分が嫌いになって、
何をするのもおっくうになってきた時に、
実家の母がカウンセリングを勧めてくれたのです。

カウンセリングの初日は少し長い間、話を聞いてくださいました。
カウンセラーの先生は特に意見を言うわけでは無く、
ただただ話を聞いてくれるだけです。

私はカウンセラーの先生が
いろいろなアドバイスをくれるものだと思っていたので、
内心は少し期待はずれな気持ちがあったのです。

それからも何回言っても、
アドバイスは出てきませんでしたが、
私の方は自分の気持ちをしゃべるのが慣れてきたおかげで、
話すことが楽しくなってきたのです。

アドバイスはないけど

何度も何度も同じような愚痴をこぼしている間に、
カウンセラーの先生と話しているうちに気分が楽になっていることがわかってきたのです。
帰り道では、姑のことなどすっかり忘れて電車のポスターを見たりしていました。

だんだん、気分が軽くなって時々姑にも普通に挨拶ができるようになったのです。
アドバイスをもらったわけでもないのに、
普通に接することができるようになっていました。

自分で気づく

カウンセリングで、
姑のことをさんざんにこき下ろしている間に、
自分だって結構ひどい嫁だということがわかってきたのです。

孫に合わせるのを嫌がったり、
あいさつを返さないなんていけないことだということは
自分でもよくわかっていたのです。

私が普通に挨拶ができるようになると姑は本当にうれしそうにしてくれました。
多分私はこれからも姑を大好きになったりはしないと思います。

ただ、悪い人ではないんだということも感じてきています。

最近夫とも会話が弾むようになってきました。
夫も私が姑に歩み寄っていることがわかるんだと思います。

カウンセリングはとても不思議です。
愚痴のようなことを何度も何度も堂々巡りのようにしゃべり続けているうちに、
なんとなく、そんなにまで言わなくてもいいような、
自分も少し思いつめすぎているようなことを自分で感じていくのです。

カウンセリングを受けて気づいたのは、
自分が少し思いつめる性格だということです。

人のことを、嫌がったり怒ったりしたときに、
少しブレーキがかかるようになってきました。