料金相場と効果は比例するのか?

料金

カウンセリングの料金相場は、
カウンセリングに実際に通ったことがある人ですら把握していないことがあるほど、
幅広いのが一般的です。

自分にとって安いと思っていても、
全体の相場から見てみると案外高めの料金設定だったり、
若干高いと思っていても逆に比較的低料金の部類に入る
料金であったりすることも特別なことではありません。

では、カウンセリングの料金相場と効果は比例するのかというと、
絶対に比例するとは言い切れませんが、
比例を大きく上回りかなり高い満足度を得られることもあります。

比例するかどうかの境を作るのは、
カウンセリングに通う本人であり、
通う人は口コミなどを書いている人と同一人物ではありません。
したがって、料金相場と効果が必ずしも比例するとは言い切れないわけです。
もっとわかりやすく言うと、ある人によっては効果があまり感じられず、
料金が高いと感じたカウンセリングに、
別の人が通ったところ想像以上のカウンセリング効果が得られ、
効果のほどから料金が安く思えてしまうケースもあります。

つまり、カウンセリングの料金相場と効果のバランスは、
同じカウンセラーのもとへ通い、
同じ料金でカウンセリングを受けていても、
立場が全く違う人たちならばそれぞれの立場で感じ方が異なるのです。

また、一人の人物が、同一のカウンセラーに通い続けている場合も、
時期やカウンセリング段階によって感じ方が変動します。

たとえば、カウンセリングの料金は初回と初回以降の料金に差がみられることがあるものの、
基本的に通い続けている最中に値上げ・値下げされることがなければ、
ずっと同じような料金設定であることがほとんど。

ゆえに、カウンセリングを受け始めたばかりのころは、
この料金でこの程度の効果は見合っていないかも、
と思うことがあったとしても、段階を追ってカウンセリングを重ねることで、
料金に対する効果が実感できないと思っていた時期と同じ料金でも効果が感じられ、
料金と効果のバランスが釣り合うようになり、
最終的には料金に対して効果の実感が上回ることもあるのです。

必ずしも比例しないからといって、
カウンセリングの料金相場と効果とを早々に切り離してしまうのはよくありません。
比例しないこともある一方で、比例させることができないかと言えば、それは違います。
具体的な例としては、自分の尊敬するカウンセラーにカウンセリングをお願いしたり、
効果が得られるかわからないため無料のカウンセリングを受けてみたりする方法が使えます。

問題はお金ではない

たとえ料金が一般的な料金より高くても、
自分自身が尊敬するカウンセラーに話を聞いてもらえると思えば、
料金をそれほど高いと感じることもなく、
それどころかあこがれのカウンセラーとやり取りすることで想像以上の効果が得られ、
高い料金を払った意味があったと大満足する可能性もあります。

また、無料のカウンセリングは、
料金が必要ない分過度に効果を期待しなくてすむので、
結果想像以上に真剣にカウンセリングしてもらえたとなれば、
期待を上回る結果につながったわけですから料金以上の効果が得られたと判断できるわけです。