臨床心理士の資格について

臨床心理士・心理カウンセラーとは

心の病にかかってしまう人が多い世の中です。
社会が複雑化し、小学生でもストレスを抱えているという時代なので、
心療内科などに通う方も少なくありません。

そんな時代の中で注目されている資格が
臨床心理士や心理カウンセラーという仕事です。

この仕事は悩みを持っている方のお話をよく聞いて、
悩みや問題が解決されるまで心のサポートをする、という仕事です。

うつなども多くなっている現代において、
精神的疾患まで行ってしまう前に、
また治療を行いながら、サポートなどケアを行うのが臨床心理士です。

幅広く活躍できる

カウンセリング、心理学など知識を養い、
幅広く活躍できる資格として人気があります。

働く場所としては医療施設、また介護施設、
自治体、さらに最近は学校で活躍されている方も多いですし、
企業内にカウンセラー室が設けられ、
企業で働く方々の心のケアを行う臨床心理士もいます。

こういう場所で働くという限定されたものではなく、
どこでも、心に悩みを持っている方のサポートやケアが必要という場所に雇用があります。
これからさらに、意外性のある場所が働く場所となる事もあるでしょう。

なぜこれほど求められているのか

なぜ心理カウンセラーや臨床心理士がこれほど求められているのか、
それには個人的な事もありますし、社会の仕組み、
また現代の複雑な人間関係等、様々な理由があります。

理由の一つにコミュニケーションツールの出現があります。
電子機器、モバイル機器はすでになくてはならない存在となっています。

年齢を問わず、誰もが携帯、スマホなどを利用していて、
誰かと会って話をしなくても意思を伝えることができる時代です。

でも客に考えるとメールやラインなど文字で意思を伝える事が出来ても、
面と向かって人と対応してお話しする、
コミュニケーションをとるという事が出来ない人も多くなっているのです。

つまり、何かのツールがないとコミュニケーションが
出来ない状態の人が多くなっているという事です。

人とうまくやっていくことが出来ず、
やがてコミュニケーションが取れなくなると、
様々な事に支障をきたすようになり、引きこもりという事もあります。

心の病になってしまったり、
どうしても現状から抜け出すこともできない、
さらに複雑な社会に生きる心の歪みから起きるいじめの問題など、
臨床心理士が必要な場面がたくさんあるのです。

臨床心理士の資格取得

一つは大学などで心理学を専門的に学ぶという手段があります。
また現代は認定団体によって認定試験が行われていますので、
養成講座を受講し、
認定試験を受けて心理カウンセラーの資格を取得するという方法もあります。

この資格認定や受講などに関しては認定団体によって違いがありますので、
確認してみましょう。

臨床心理士の受講内容はコミュニケーションスキルの学習、
カウンセリングについての技法、心理学の知識など学びます。

受講資格などは特になく、どの認定試験も誰でも受ける事が出来ます。
だいたい、通信講座で3ヵ月から半年くらい、
通学の場合、1ヶ月から半年くらいで受講できます。