メンタル心理カウンセラー

メンタル心理カウンセラーの仕事

仕事場でも学校でもまた家庭でも現代はストレスを受けるといわれています。
ストレス社会の中でメンタル系の資格は非常に多くなっており、その中にメンタル心理カウンセラーがあります。

様々なストレスから起る症状について、症状別に治療方法などをしっかりと理解しカウンセリングを行うメンタル系の資格です。
メンタル心理カウンセラーとしてのレベルを確認し、そのレベルに相応しい資格認定が行われます。

メンタル心理カウンセラーになるための試験概要

この試験を行う目的は、心理的に問題を抱えている方に、社会的観点からしっかりサポートできるような質の高いカウンセラーを育成する目的を持っています。
カウンセリング業務についての知識と技術、これをメンタル心理カウンセラーによって認定し様々なストレスを抱える方々に対応できる人材として認定するものです。

技能審査についての対象は、心理学について基礎知識を持っていること、カウンセリングについて基礎知識を持っていること、さらにカウンセリング能力について職業能力があるかどうかを審査します。

受験資格は日本能力開発推進協会の認定教育機関が行っている教育訓練で、全カリキュラムを修了していることが求められます。
このカリキュラムを全て終了し、試験については随時在宅で受けることが可能です。

認定教育機関で全カリキュラムを修了してから、協会ホームページより検定試験申し込みを行う事が出来ます。

合否については得点率70%以上が合格となり、合否結果は答案を受け付けてから約1か月程度です。
カリキュラムによってカウンセリング、クライエントなどの基礎知識、心理学や精神医学の基礎知識をしっかり履修し、復習を行って試験に挑むことが必要となります。

実際にメンタル心理カウンセラーが活躍できる場所

このメンタル心理カウンセラーの資格を取得して仕事に活かす場所というと、主軸は精神疾患に進展する可能性が高い精神状態をお持ちの方が暮らす病院、介護施設、医療施設、福祉施設などです。

心に病を抱えている方は年々多くなっていますが、病気治療等で長い入院生活を送る上で、ストレスを持っている方も少なくありません。
こうした患者さんの場合、このストレスがうつなどの心の病につながっていくこともあるので、メンタル心理カウンセラーはしっかり相談にのり寄り添います。

非常に明るくしている患者さんの中にも、実は心の中に深い不安を抱えているという方も多く、メンタル心理カウンセラーは、一人一人の患者さんに気持を傾けて、笑顔一杯であっても心の奥深くで何を考えているのか、読み取る能力も必要です。

最近は介護施設でもメンタル心理カウンセラーの需要が高くなっていますので、この先、この資格を保有していることで就職、転職にも役立つようになるでしょう。