結婚カウンセラーの資格について

結婚式の花嫁ドレス

結婚カウンセラーは結婚したい男女のサポーター

適齢期が遅くなっている、
結婚したいと思わない男性が多くなっているという事を聞く現代ですが、
結婚したいと心から願っている男女は身近にかなり多いと感じます。

やはり暖かい家庭を作りたいと願う男女がいて、
みなさんその出会いの場が少ないため、
婚活などをされているわけです。

結婚したいと願う方々に、
結婚斡旋のシステムの資料紹介などを行う、
また結婚相談所などに相談に来た方々に店舗でシステムの説明をする、
入会を決心された方にはカウンセリング等を行いどのようなプランで
結婚への道を進めていくかそのプランの作成などを行う仕事です。

結婚したいという願いを持っている方が店舗に来る、
また資料請求してくるということなので、
結婚したいという意思がある方に向けての営業です。

飛び込みの営業などとは質が違い、
相手にされないとか話を聞いてくれないという事はありません。

未婚率の上昇を食い止める存在

結婚したい、でもどのように出会いを求めていいかわからない、
という不安をもって相談に来られる方へ対応するので、
その方の結婚がより現実的になります。

ポジティブになる事で、
少子高齢化といわれる現代に貢献できる仕事といえます。

結婚の縁がないということは、
その先、お子さんの誕生も望めないという事になります。

子供の数を多くするためには、
結婚する男女が今よりも多くなることが望まれるのです。
そのためのアクションに、
結婚カウンセラーの仕事が一役買っているという事になります。

雇用される場所、お給料等

結婚カウンセラーの働く場所ですが、
結婚相談所や結婚情報サイト等多数あります。

最近は出会いを求めて結婚相談所へ行く方も多くなっていますし、
結婚情報サイトの利用も多くなっています。

お付き合いをしたいというよりも、
その先に、結婚というゴールを目指している方へのアドバイスを行う企業や店舗等、
就職先はかなり多いと考えられます。

お給料ですが、どのように雇用されるかによって違いがあります。
正社員とアルバイト、パートではお給料に違いが出ます。

また成果報酬としている企業もあるので、
成果によって大きな報酬を得ている方も少なくありません。

結婚カウンセラーとしてのノウハウを持ち、
経験を積んでいけば基本給+成功報酬という設定を行っている企業もあるので、
収入という面では努力した分、反映されると感がいえていいでしょう。

結婚カウンセラーの資格は?

結婚カウンセラーは資格ではなく、
雇用された場所で勉強し、
どのような事が必要なのか知識を得て、
経験を積んでいく仕事です。

知名度の高い方もいますが、
この場合も、有資格者という事ではなく
みなさん経験によって培ってきた能力で結婚カウンセラーとして活躍されているのです。

ただ日本仲人協会認定の「仲人士」という民間資格などがありますので、
こうした資格を取得しておくと就職の際有利となるでしょう。