不妊カウンセラーの資格

不妊カウンセラーの仕事とは

最近は不妊に悩む女性が多くなっているといいます。
不妊治療を行っている方が身近にいるという方も少なくないと思いますが、不妊という問題は非常にデリケートな問題で、家族など近しい人以外に相談することもなかなかできません。

不妊治療は女性だけではなく夫となる男性も一緒に行う事が望ましいため、夫婦共に治療を受けるという事になります。
そのため、夫婦が不妊という事について深く理解しておくことが必要になりますし、検査なども行う事が多くなるので、お互いに協力しあう気持も大切です。

不妊治療はご本人も副作用など辛いこともありますが、お子さまに恵まれないという精神的な辛さはその経験をされた人にしかわからないといわれます。
不妊治療の辛さ、その内容や相談などができる不妊の専門家ともいうべきプロが不妊カウンセラーです。

不妊に悩む方に対して妊娠、出産、不妊などに関する情報提供活動を行い、お子さんが欲しいと思っている方が最高の治療選択ができるようにカウンセリングをするのが不妊カウンセラーという仕事になります。
不妊に関しての研究も不妊カウンセラーの大切な仕事の一部です。

不妊カウンセラーになるためには

不妊カウンセラーになるためには認定規定があり、到達目標を達成することが必要です。
その到達目標とは生殖医療に関して基礎知識を持っていることや、不妊患者の心理や社会的な問題を理解していること、他情報の適切な伝え方を理解、応用できるなど、これら規定されていることについて知識や技術が到達している事が求められます。

この規定に達していることと、認定申請の条件もあります。
不妊カウンセラー養成講座を3回以上受講し、申請する際にNPO法人日本不妊カウンセラー学会の会員となっていること、さらに初回受講から5年以内である事が認定申請の条件です。

この不妊カウンセラーの認定については認定後5年ごとに更新が必要となります。
更新するための条件もいくつかあり、日本不妊カウンセリング学会への出席や発表、不妊カウンセリングスキルアップセミナーへの参加などを行いポイントを30点以上取得することが求められます。

不妊カウンセラーの筆記試験

試験については筆記試験と面接試験があり、試験は例年12月から3月、大阪、福岡、仙台、東京において行われます。
認定費用については日本不妊カウンセリング学会で必ず確認を行ってください。

筆記試験に不合格となった場合、その年度の中で2回、無料で受験できます。
面接試験で不合格となった時には、年度内に再受験する事が出来ません。

ポイントの取得や各種条件、その他試験の前に条件をクリアしておくことが多数ありますので、必ず何が必要となるのか、日本不妊カウンセリング学会で確認し、必要な準備、ポイントを取得してから試験に臨むことが必要です。