キャリアカウンセラーの資格について

悩むビジネスマン

国家検定が出来たキャリアカウンセラーの資格

キャリアカウンセラーというのは個人の方がキャリアに対し課題があったり問題を解決したいと思う時、
その方が自主的にその問題解決を図る事が出来るように、
専門知識に基づいてサポートするという仕事です。

学生さんが就職される際にもサポートする事がありますし、
転職、就職などに関してもサポートする事が多くなっています。

現代は以前のように終身雇用が当たり前という世界ではなくなっていますので、
転職される方も非常に多くなっています。

新しい職場に転職する際、
次のキャリアに対する悩みの相談に乗ったり、
その職業に就くために何が必要なのかアドバイスするという事も行います。

相談者が希望する将来、今持っている価値観、
能力を元に、出来る限り希望に沿ったキャリアを積んでいけるように、
サポートする仕事です。

以前はこうしたキャリアカウンセラーの仕事については民間資格しかなく、
またこの民間資格もかなりの数があり、
資格者によって能力格差が生じ、
このことから国家検定として「キャリア・コンサルティング技能検定」という検定が、
2008年より行われています。

国家検定、キャリア・コンサルティング技能検定とは

国家検定のキャリア・コンサルティング技能検定というのは、
キャリア・コンサルティング協議会が実施している技能検定です。
1級・2級があり、地図無経験者の技能レベルをはかる検定です。

そのため、キャリア相談等実務経験をつんでいるかどうか、
大学などで検定職種に対する専門的学問について規定の単位以上取得しているかどうか、
ということが受験資格となります。

こうした受験資格をクリアしている方が検定を受ける事が出来ます。

国家資格に準じた扱いとなる民間資格

キャリアカウンセラーが持っておくべき資格でも
、民間資格は非常に乱立しており、
そのため資格を持っている人たちの中で能力格差が広がっています。

そこで国家検定が出来たのですが、
民間資格の中にも国家才覚に準じた扱いとなる民間資格があります。

CDAと呼ばれるキャリア・デベロップメント・アドバイザー資格認定試験、
キャリア・コンサルタント試験、
財団法人社会経済生産性本部認定キャリア・コンサルタント資格試験、
NPO生涯学習キャリア・コンサルタント検定試験などがあります。

こうしたキャリアカウンセラーの資格は、
キャリアカウンセラーとしての専門知識を持っているという事になるので、
就職活動にも役立つものとして注目されています。

キャリアカウンセラーとして働きたいと考えている場合、
この資格取得が就業用件となっていることも多いので、
取得しておいて損のない資格です。

資格取得に関しては各資格取得機関によって違いがありますので要綱などをよく確認し、
試験に挑みましょう。