カウンセリングの流れ

一般的な流れ

カウンセリングを受けたいと思っても、
どのような流れを経てカウンセリングを受けることになるのか不安では、
最初の一歩をなかなか踏み出せないままです。

そこで、カウンセリングを受ける時の一般的な流れをご説明しましょう。

初めてのカウンセリングで気づきにくい点は、
初回と初回以降の違いです。

初めてクリニックに出向くときには、
基本的に予約を求められるので、
あらかじめ日時を指定したうえで予約を入れておきます。

予約が必要

予約を入れておかないと、
当日突然出向いてもカウンセリングが
受けられないことがほとんどなので要注意。

医療機関では、
突然の来院でも受け付けてもらえることが多いのに、
なぜカウンセリングでは初回の予約が必須なのかというと、
初回と初回以降と、カウンセリングを受ける段取りが異なるからなのです。

初回のカウンセリングを始める前に、
なぜカウンセリングを受けたいのか、
どんなカウンセリング方針を求めているかといった
問診を受けることになるでしょう。

初回のカウンセリングとは、
いわばその後の本格的なカウンセリングを受けるための土台作りになるので、
欠かせない重要なプロセスです。

予約の方法は、それぞれのクリニック・医療機関で異なるので、
電話が苦手な場合は直接出向いて予約の手続きだけ、
できるクリニックを利用するのも一つの方法。

また、インターネットを活用して予約を申し込みたいなら、
メールや予約フォームから予約できるクリニックを探すと便利でしょう。

次回の予約も

初回のカウンセリングを受け終えたら、
今度は次回のカウンセリングの予約を取ることになりますが、
このプロセスの流れはクリニック・医療機関ごとに大きく違う場合があります。

たいていは初回のカウンセリングが終わり、
継続してカウンセリングを受けたいかどうかの意思を聞かれます。

結果受けたいと希望する場合、
次回の予約をして帰るだけというプロセスになりますが、
中には次回の予約を入れるとともに
次回のカウンセリング料金を前払いするシステムになっているところもあります。

長期間継続してカウンセリングを受けたい時は、
できるだけ初回の予約を入れるときに
料金の支払いシステムについて確認しておいたほうが安心です。

緊急のカウンセリングについては、
個別に問い合わせると例外として対応してもらえることがあるので、
急を要する場合はとりあえず直接相談してみると良いでしょう。

ちなみに、初回のカウンセリングで担当してもらったカウンセラーと、
どうも相性が合わないと感じる場合は、次の予約をせずに帰宅することができますし、
何度か通ってみて違うカウンセラーを希望する場合も途中で
カウンセリングを終了させることができるので、

通うことが決まったらまとまった支払いをして長期契約をするのではなく、
あくまでも支払いは通う都度払うのが通例です。

特殊なケースだと、カウンセラーから次回はいつごろ、
近いうちに顔を出すように、などと指定されることもありますが、
すべての流れはカウンセリングを受ける本人の意思によって進められるので、
気がかりに感じる必要はありません。