メリット・デメリット

専属のカウンセラー

カウンセリングは欧米諸国では特別に何か悩みを抱えているかいないかにかかわらず、
必要ならば学生の頃から、通常は独立して働くようになると、
かかりつけの医者のように、専属のカウンセラーを持つのがスタンダードとなっています。

ストレスや悩みを認知してから対処するのではなく、
過剰な精神的ストレス回避するためにも
カウンセリングの必要性も認知度も日本よりもずっと高いものなのです。

それだけに専属のカウンセラーがいるという状態は当たり前であり、
社会人としては必須アイテムとなっているので、
当然日本でカウンセリングを受けるよりもずっと自然で、
ハードルも低いものと言えるでしょう。

>>>ノリメディカルクリニック

しかし、日本ではまだまだカウンセリングのメリット・デメリットで言えば、
デメリットを気にする方の方が多いようです。

カウンセリングで変わる物

カウンセリングのメリット・デメリットを比較するのであれば、
メリットの方が多いに決まっているもの。カウンセリングを受けることによって、
解決できる問題を人目を気にして反古にしてしまうことほどもったいないことはありません。

例えば、カウンセリングを受けることによって、
何が変わるかと言えば、意識が変わります。

自分の抱えている問題は、取るに足らないことではなく、
相談するに値する悩みであったり、それが原因で心が塞ぐようなことがあること自体、
レアなケースではないのだ、
自分は特別おかしいわけではないのだと認識することによって、
呪縛からまず解き放たれることができます。

悩みを抱えている人にとって、
これぐらいのことで自分が悩むのがおかしいと思い込んで
必要以上に抱え込んでしまうことで問題を悪化させるケースが多いのです。

カウンセリングを受けることによって、
少なくとも吐き出すことができる、
問題を自分の中で定義して、
それに対して客観性を持たせることができるということは、
内包してしまうことよりも一歩も2歩も解決に向けて踏み出すことになるでしょう。

それはカウンセリングという機会を持ってでしか得られないメリットなのです。
では、カウンセリングのデメリットとはどのようなものでしょうか。
確かにカウンセリングを受けることで
全ての精神的なストレスや悩みが解消されるわけではありません。

カウンセラーとの相性が悪く、
余計に症状を悪化させてしまうというケースもないとは限らないのです。

しかし、悩みを抱えている人にとって、
語るという場を持つことは必要不可欠。

しかも、それを頭から否定されるわけでもなく、
むやみに肯定されるわけでもなく、
リベラルな視点で自分の主張をただ聞いてもらうという行為が
とても必要な時があるのです。

身内や近しい人では、どうしても何かしら必要とするアドバイスや、
直接的な改善をさせたくて、少し無理な提案をしてしまいがちだったり、
変に慰めや励ましをしてしまう場合もあるもの。

カウンセリングでは、
必要とするものを必要なだけというスタンスで話を引き出してくれることが安心感につながります。

カウンセリングのメリット・デメリットを考えてからのスタートではなく、
まずメリットを重視したカウンセリング利用を考えましょう。