障害者職業カウンセラー

様々なカウンセラー

単にカウンセリングと言ってもその種類は様々です。

精神カウンセリングも勿論その1つですが、
その他にも障害者職業カウンセリング、
不妊カウンセリング、不眠症治療カウンセリングなどもあります。
これらに共通していることは、
どれも人の精神と健康状態の改善を目指していることです。

障害者心理カウンセラーとは?

障害者職業カウンセラーは、
障がい者の就業を促進するようにできた資格で、
面倒を見ることになる障がい者の方をそれぞれの知能や適正を調査し、
就労できるまでサポートする仕事をしているカウンセラーです。

健康な人がそうであるように障がい者にもそれぞれに能力があります。

適職検査をして、どの程度の業務ならばこなせるのか、
また体力的に問題はないか、人間関係を上手に築くことが可能かどうかを評価し、
その能力に見合った仕事を紹介することが主な仕事となります。

また、就職をした後のケアも障害者職業カウンセラーの仕事です。
本人達に悩みがないかどうかを調査したり、
悩みがあった場合には、解決できるようにアドバイスをしたりもします。

障がい者を受け入れてくれた事業主さんにも、
スムーズに仕事ができるようにアドバイスをする場合がありますので、
その仕事は多岐に渡るのです。

どんな人がなれるの?

障害者職業カウンセラーは
厚生労働大臣が認可した独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構の職員となります。

この仕事をしたい場合には、機構の採用試験に通る必要があります。
試験に通った後にも、機構が指定している講習を受講することが条件とされています。

試験を受ける条件としては、4年生大学卒業と同等の学力を有する者とされています。

試験は一般常識から小論文、面接から成る一次試験と、
心理学や社会学、教育学などから成る二次試験によって構成されており、
幅広く深い知識が求められることになります。

しかし、この試験に合格したからと言っても、
すぐに現場にて働けるわけではありません。

まずは1年間の研修を受ける必要があり、
その後実地研修というプロセスを経て、
初めてカウンセラーとして各地域に派遣されることになるのです。

試験の倍率はかなり高く、
研修も重ねられた後に各センターに派遣されることになりますので、
サービス自体の質は他のカウンセリングなどと比較すると高いのが特徴です。

障がい者の職業選択に関わる資格となりますので、
職業心理の分野に精通していると、実践でも活用できます。

当然、勉強したことが全てではありませんが、
学問が仕事に直結する数少ない仕事の内の1つであることは確かです。

また、この仕事に浸けたからと言って、
そこで成長を止めてしまうような職員では意味がありません。

障がい者のことを心から配慮し、
自己研鑽をし続けられるかどうかが、
良いカウンセラーとなるかどうかの分かれ道となるのです。