臨床心理士

さまざまな活躍の場を持つ臨床心理士

世の中のいろいろなことが複雑化する一方という現状の中、
心理的な課題を抱え込む人が増えています。

そんなときに、
専門職による助けを求める人も増える傾向にあります。

日本国内では、
臨床心理学に基づく知識や技術によって援助を行う専門職のことを、
心理カウンセラーやサイコセラピスト、
心理相談員、心理士などの名称で呼んでいます。

「臨床心理士」は、
この中でも財団法人日本臨床心理士資格認定協会の認定を受けた、
心理専門職になります。

臨床心理士が行う援助とは

「臨床心理士」は、
臨床心理学をはじめとする心理学の知識やさまざまな技術を活用して、
クライアントを専門的に援助する人です。

臨床心理が持つ専門的な技術は、
いくつかの種類に大別することができます。

「心理アセスメント」というのは、
クライアントが抱える問題の状況やその課題を、
面接や心理検査を通して明らかにして、
自己理解や支援へ役立てるものです。

「心理面接」とは、いわゆる「心理療法」や
「心理カウンセリング」と呼ばれるものです。

これらは、心に悩みを抱えて相談に訪れた人の課題に応じて
いろいろな臨床心理学的方法を使うことによって、
心理的問題を克服したり、困難を軽減したりするものです。

さまざまな臨床心理学的方法

ざっと挙げると、精神分析、心理カウンセリング、
来談者中心療法、遊戯療法、箱庭療法、家族療法、
行動療法、芸術療法、動作法、夢分析、集団療法、認知行動療法、などです。

いろいろあって、興味深い内容であることがわかりますね。

「臨床心理的地域活動」というのも、臨床心理士の技術のひとつです。

これは、悩みの解決のためには個人のみならず、
その人を取り囲む環境にも目を向ける必要があるという考えのもと、
情報整理や関係の調整を行うものですが、
時には他の専門機関と連携するケースもあります。

臨床心理士が活躍する領域

臨床心理士は、多くの分野で活躍しています。
まず、病院やクリニック、リハビリテーション施設、
精神保健福祉センターや保健所、老人保健施設などの、
医療・保健分野が挙げられます。

福祉分野では、児童相談所、児童福祉施設、
子育て支援センター、高齢者福祉施設、
そして最近注目されている女性DV相談や障害者相談機関などがあります。

その他、スクールカウンセラーなどの教育分野や、
企業内相談室などの産業・労働分野など、その種類は多岐に渡ります。

もちろん、臨床心理士が個人や組織で運営する施設の心理相談機関もあります。
こういった場では、メールによるカウンセリングや
訪問カウンセリングを行うところもあるので、
より気軽に相談が出来るようになっています。

今後ますますカウンセリングへの需要が高まると考えられますし、
臨床心理士になりたいと考える人も増えています。