不妊カウンセラー

不妊カウンセラーとは

現代の医学では、不妊の原因は女性の体の問題だけでなく、
男性側にもあるということが分かっています。

また、現在では女性の精神状態と不妊についても関係性が明らかになってきています。

中でも女性がストレスを抱えてしまうと、
不妊につながることも分かっていますので、
どのようにストレスと付き合っていくかがひいては不妊治療との向き合い方になると言えます。

不妊と心の問題

精神と身体の健康維持は深い関わりがありますが、
生殖機能は特にこの関係が深いことが明らかになっています。

生殖ホルモンを分泌させるように指令を出す脳の下垂体という部分は、
その働きだけでなく、ストレスに対応するように様々な器官でもありますので、
過度のストレスを感じてしまうと、オーバーフローとなってしまい、
上手に生殖機能に関する指令が出せなくなってしまいます。

そのため、不妊の治療はストレスとの向き合い方を考える場でもあるのです。

一般的な病気の治療の場合、薬を飲めば治ったり、
手術をすれば治るというケースが多いですが、
不妊症の場合は身体の問題であると同時に心の問題も一緒に解決しなければならないため、
どのようにストレスをケアするのかが重要になってきます。

不妊カウンセラーはそういった心のケアという問題を背景に誕生したカウンセリングです。

不妊になってしまうと、
それだけで「もう子供を授かることができないかもしれない」
というストレスを抱えなければならなくなります。

そして、そのようにストレスを感じてしまうと、
これが原因となってより不妊化が進んでしまう、
そしてまたストレスが発生してしまうという具合に、
悪循環が発生してしまいます。

この悪循環を阻止するためには、
どこかで考えを整理する時間が必要となります。

不妊のカウンセリングは考え方を整理する時間なのです。

不妊カウンセラーの仕事は、患者さんの心にかかる負担を軽減させ、
不妊治療に関するアドバイスをするというものですので、
悩んでいる場合にはすぐに専門家に相談することをお勧めします。

不妊の定義はとても難しく曖昧模糊としたものですが、
具体的には2年以上に渡り妊娠しない状態であるとされています。

しかし、世界的な目で見ると期間が2年ではなく1年だったりしますので、
どの程度から不妊と呼ぶのかは非常に難しいのです。

不妊は夫婦の悩みです

不妊症と医師から断定されてしまうことに恐れの心を持っていると、
なかなか病院にも行こうと思えないというケースも多く、
これが治療を困難にさせる要因の1つにもなっています。

女性の気持ちを男性に全て理解してもらうのは無理な話ですが、
それでも旦那さんはよくお話をして気遣ってあげることが重要です。

不妊は時間が経てばたつほど治りにくくなりますので、
もしも病院に行くことに恐怖している場合には、
まずは旦那さんとよく話し合うことも重要です。