キャリアカウンセラー

労働環境をとりまく問題を解決するキャリアカウンセラー

キャリアカウンセラーというのは、
職業選択の際に最適なものをアドバイスしたり、
能力開発などをサポートしたりするカウンセラーです。

そのとき、クライアントの能力や価値観、
興味がある分野や性格などを考慮します。

キャリアカウンセラーの役割とは

キャリアカウンセラーは、社会と個人の間に立って、
クライアントが自分の能力を最大限発揮できるよう、
また、希望する職業に就けるよう、
そしてキャリアアップが可能となるように、
悩みをじっくりと聞いて相談相手となり、
問題の解決に至るまでのサポートをします。

はじめは適職を探したりキャリアアップを望んだり、
といったことから始まりますが、
次第に自己能力を高める方向へと導いていくのも仕事です。

人々が仕事に生きがい、
やりがいなどを見出せるようにサポートしていくのが、
キャリアカウンセラーの本質的な役割といえます。

キャリアカウンセラーが活躍する分野

キャリアカウンセラーが活躍する場はさまざまです。
一般企業の人事をはじめ、
人材派遣会社や人材教育部門でのコンサルタント、
大学や専門学校などの職業支援関連、ハローワークなどの就職関連施設、
また、行政機関での雇用促進分野などでの活躍が可能です。

就職・転職などの雇用関連分野は時代に関わらず需要がある分野ですが、
特に昨今の不景気もあって、
今後さらに需要が高くなると考えられるので将来性がある資格です。

現在では日本の雇用環境は悪化しているといえます。
正規雇用が減っていることからも、非常に困難な時代となっています。

一方、成果主義の傾向が強まり、
アウトソーシングの導入も手伝って、職場の効率化が進められています。
時代の流れが大きな変貌を見せる中で、
より良い人材をより効率よく企業が活用するためにどのようにすればよいのか、
という需要を受け、キャリアカウンセラーの資格は生まれました。

キャリアカウンセラーの資格について

キャリアカウンセラーの資格を運営する民間団体に、
キャリアカウンセリング協会があります。

最近増加傾向にある、就職先が未定の若者、
そして非正規労働者を対象としたカウンセリング業務も行います。
労働環境が苛酷なために心身が疲弊していたり、
心に病を持っている人のためのカウンセリングも行います。

キャリアカウンセラーの資格試験について

キャリアカウンセラーの資格には大きく分けて2つあり、
ひとつは国家試験である「キャリアコンサルティング技能試験」、
もうひとつは民間団体によって行われる「キャリアコンサルティング資格」です。

それぞれ、資格取得までの道のりや試験内容が異なりますので、
それぞれの内容や特色を比較検討して、
自分の目的に合ったものを選ぶことが大切です。