カウンセラーと精神科医

カウンセリングとは

ストレスの多い社会で、
心の不調を訴える方があとを絶ちません。

しかし、いざ医療機関へかかろうと調べてみれば、
精神科の他に、悩みを聞く「カウンセリング」というものもあります。

果たして、「自分は精神科に行くべきなのか、
それともカウンセリングを受けるべきなのか」と迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はその違いを挙げ、
自分にとってカウンセラーと精神科医のどちらが良いか、
といった判断の指標になるよう説明していきましょう。

さて、まずは「カウンセリング」とは、いったいどういったものなのか。

おそらく言葉としての知識はあるけれど、
その中身は知らないといった方が多いと思います。

カウンセリングとは、
カウンセラーが悩みを抱えた人(クライアント)の話を聞き、
会話によってその疲れた心をほぐし、症状の改善を図る行為です。

そのために、カウンセラーはクライアントと面接をし、
今どんな状態であるのか把握していきます。それがカウンセリングの第一歩なのです。

この説明だけでは、
始めにあげたカウンセラーと精神科医の違いがハッキリしません。
そこで、次はこの2つの違いを簡単に説明していきましょう。
いくつかの違いの中で最も大きな違いは、精神科医は症状を薬などで治し、
カウンセラーはその悩みをヒアリングしていくといったものです。

もちろん、精神科医も患者の話を聞くことは間違いありません。
しかし、その量はカウンセラーほどは取れないのが現状なのです。

また、精神科医は、その名の通り医師なので薬を処方できます。
しかし、カウンセラーは医師ではないため、その行為はできません。

しかし、先程あげたように忙しい精神科医に比べてカウンセラーによるカウンセリングは、
クライアントの話をじっくり聴くことができ、
また会話を重ねることによって、閉じていたクライアントの心をほぐしていきます。

そのことで、クライアントは自分の心を見つめられるようになり、
また回復していくことができるようになるのです。

カウンセリングの大きな目的

カウンセリングの最も大きな目的は、
クライアントの孤独を癒し混乱した心を静めることなのです。

もう一つ悩みを聞くものに、
人生相談などの「相談」というものがあります。

ここで、カウンセリングと相談の違いも簡単に説明しておきましょう。
カウンセリングは、先にあげたようにクライアントの心をほぐして援助していくものです。
しかし、相談はそれとは違い、クライアントの悩みに対し、
相談を受けた側(相談員)が自らの知識や方法を伝えるといったものになります。

簡単に例をあげてみますと、
たとえば仕事のストレスに悩むクライアントに対して、
カウンセラーはクライアントの心そのものを癒していきますが、
相談員は仕事のやり方やストレス解消の方法をアドバイスして悩みの解消を図るのです。

この相談という方法は、
クライアント自身が悩みの解決への道筋を理解している場合には有効でしょう。

しかし、先程の例にあった仕事のストレスに悩むクライアントの心が、
すでに自分でもどうしていいか分からないほど混乱して見失っている場合は、
相談で得たアドバイスを受け入れる余地はないのです。

ある意味、相談とは対処療法であり、
カウンセリングとは根本解決をめざすものともいえるのではないでしょうか。
ぜひご自分の心を見つめて、ふさわしい方法を判断しましょう。