運動でストレス解消

テニス

ストレスの解消法

現代日本では、
仕事といえば何時間もパソコンに向かっていたり、
電話やメールで交渉したり、そうかと思えば電話で何時間も交渉することもあります。

とかく精神面だけが疲労することが多いのです。

精神と肉体との疲れのアンバランスは人間には大きなストレスになります。
このようなストレスの弊害が顕著に現れるのは睡眠の質です。

床についてもなかなか眠れなかったり、
一旦寝付いても夜中に目が覚めてしまうなど、
十分に満足な睡眠がとりにくくなるのです。

これを、解決するには肉体的にも適度に疲れて
精神面との疲れのバランスをとればいいのです。

運動は適度な肉体疲労を誘い睡眠の質を改善します。

人間にとって、睡眠は非常に大切なもので、
睡眠の質が悪いと頭痛や眼精疲労などのリスクも高くなります。

睡眠の質は心にも影響し、ぼーっとしたりイライラしたりして、
やがては鬱的な気分に見舞われてしまうのです。

運動で心を軽く

運動は単に肉体疲労を誘うだけではなく心を軽くする効果があります。
日々の運動の中で、
実現可能な目標を設定すると目標を達成した時にはプチ達成感を味わうことができます。

プチ達成感を何度か経験するとやがては
自分を認める気持ちが出てくるのです。

仕事や勉強などで自信を無くしていたり、
無力感にとらえられている人の自信を回復するにはとても効果的です。

また、体が温まることで筋肉の緊張がほぐれます。
肉体的な緊張がほぐれると気分がリラックスして心の緊張もほどけてきます。
運動に没頭することで気晴らしにもなるのです。

このような運動の効果を実感するためには、
運動のために時間をさくことが大切です。
ながら運動は、運動に没頭できないので、
精神的な緊張をほどくには非効率的といえます。

効果的リラックス運動

リズムのある運動をしていると脳でセロトニンを分泌します。
セロトニンは新家英伝達物質の一つで別名を幸福ホルモンといいます。

セロトニンの分泌が盛んになると、
気分がほぐれて温かみのある気持ちになります。
ロックミュージックやジャズに合わせて
体を揺らせると何となく気分がノってくるのも、セロトニンの働きです。

運動をして効率的に気分をほぐす時に効果的なのが、
目に見える景色が変わる運動です。

殺風景な壁を見てリズム運動をするよりも、
街の様子を見ながらジョギングやウォーキング、
サイクリングなどを楽しむ方が効率的に気分をほぐすことができます。

気分をほぐすための運動は、あまり強すぎないことが大切です。
あまり激しい運動は、疲労感も激しく、かえって筋肉を緊張させてしまいます。

自分ができる範囲で、
運動をしている最中にも気分がいい運動が効果的です。
気持ちよくノれる運動が気分をほぐすのです。